2022/02/20 開催

Event: どなたでも

募集中

Hello, ESG ~2030年までにCO2半減なるか?カーボンニュートラル活動を牽引するリーダーからみた実態~

イベント概要

国内外のESG関連情報にキャッチアップしたい経営者・企画部の方やサステナビリティ推進関連の部署にお勤めの方、必見のイベント!シードステージにおいて国内最大規模のベンチャーキャピタル「インキュベイトファンド」が主宰する【企業が直面するカーボンニュートラルの現状】について考えるイベントを開催します。

--------------------------------------------
こちらイベントは招待制につき、締切後に参加可否の連絡をさせていただきます。
下記のエントリーフォームへのご記入をお願いします。
👉エントリーフォームはこちら
応募締め切り:2月14日(月)23:59 / 参加可否連絡:2月16日(水)目処
--------------------------------------------

23年4月以降、有価証券報告書にてサステナビリティ情報の開示が義務化され、上場企業は「サステナビリティに関する企業の取組みの開示」と「コーポレートガバナンスに関する開示」の記載が必須となりました。上場を目指すスタートアップも整備を進めていかなくてはいけないので他人事ではなく、サステナビリティへの取り組みはもはやどの企業も例外とは言えない状況になっています。

評価機関が企業価値の分析を行う上で「温室効果ガスの排出量等の過去の実績数値の開示」が有効な情報と言われている中、多岐にわたる企業活動のCO2排出量をどのように数値化するのか、そしてそれをカーボンニュートラルに持っていくのか。国内ではまだまだ事例が少ないのが現状です。

そこで今回、インキュベイトファンドでは【スタートアップからみた企業活動のカーボンニュートラルの現在地】を実感していただける場を設けました。

第一部では、オープニングトークとして「VC目線でみたESG投資の現状」についてインキュベイトファンドのアソシエイト今泉よりお話しいたします。今泉は前職にて企業向けのサステナビリティ事業(主にカーボンニュートラル、サーキュラーエコノミー分野)の経営コンサルに携わり、現職にてVC業務に従事しており、脱炭素社会に向けた直近の投資動向などマクロな目線でのClimate Techの注目度の高まりについてお話しします。

第二部では、大林組、トラスコ中山など大手企業がシステム導入し、KPMG、BIPROGYなどと業務提携するCO2排出量見える化クラウドサービス「アスゼロ」を提供する「アスエネ」共同創業者COO岩田圭弘氏、15年以上の気候変動対策分野に関わってきた「Sustineri」CEO針生洋介氏、世界の温室効果ガスの10%が由来となっている農業分野のカーボンクレジット化を目指す「フェイガー」CEO石崎貴紘氏の3名をゲストに迎え、彼らからみた企業のESG活動の実態や、推進していくための取り組みについてのパネルディスカッションを開催いたします。国内外の脱炭素に貢献する企業活動に精通する彼らだからこそ見えている「日本企業がいま考えるべきこと、対応すべきこと」を実感していただける場になるかと存じます。モデレーターはインキュベイトファンドのアソシエイト今泉が務めます。

カーボンニュートラルの実態にご関心のある方はもちろん、興味はありつつもなかなか情報をキャッチアップできていなかった方もぜひお気軽にエントリーください。インキュベイトファンドらしい投資家視点も交えたファシリテートとあわせて、日本企業が直面している現状と、5年後、10年後を見据えてカーボンニュートラル領域活動推進に取り組む企業の狙いや思いを知っていただく機会となるはずです。

開催概要

日時:2023/02/20(月)20:00-21:30(開場:19:50)
場所:六本木一丁目(当日の参加者の方にお知らせいたします)

当日のタイムライン

1.オープニングトーク「VC目線でみたESG投資の現状」
2.パネルディスカッション「~2030年までにCO2半減なるか?カーボンニュートラル活動を牽引するリーダーからみた実態~」
 - 起業に至るまで
 - 企業が直面するカーボンニュートラル
 - 私たちがいま出来ること、今後考えるべきこと
3.懇親会

対象(こんな人におすすめ)

・事業会社のサステナビリティ推進関連の部署にお勤めの方
・コンサルティングファームなどのプロフェッショナル機関にお勤めの方
・本テーマに関心のあるメディア・記者の方
・その他、登壇企業に興味のある方や情報にキャッチアップしたい方

登壇者情報

324652406_696386162196927_2104597989667429942_n
株式会社アスエネ 共同創業者COO

慶應義塾大学卒業後、株式会社キーエンス入社。マイクロスコープ事業部の営業を担当。2012年に当時最年少でマネージャーに就任。2014年、大阪本社の販売促進Grへ異動、営業戦略立案・販売促進業務を担当。2015年、三菱UFJリサーチ&コンサルティング戦略コンサルティング部に転職。医薬、アパレル、小売等の全社戦略、新事業立上を経験。2016年に株式会社キーエンスより新規事業立ち上げ依頼を受け、東京営業所立ち上げ後、本社販売促進Grにて営業戦略立案を実施。
現在アスエネ株式会社にて共同創業者兼COOとして営業・マーケチーム立ち上げ・実行を統括。

322830986_491949123053874_5564151653907814805_n
Sustineri株式会社 代表取締役CEO

環境系シンクタンクにて、気候変動に関する政策立案や実行支援、カーボン・オフセットに関する指針やガイドラインの作成、カーボン・オフセットに関する実施支援に携わる。
コンサルティング会社にて、気候変動に関する戦略策定・実行支援、温室効果ガス排出量の算定支援・第三者保証、ESG・SDGs・サステナビリティに関するコンサルティングに従事。
プログラミングスクールを卒業後、2021年7月に企業の脱炭素化とサステナビリティ・トランスフォーメーション(SX)を支援するSustineri株式会社を設立。

2-Jan-17-2023-05-49-35-4669-AM
株式会社フェイガー 代表取締役
石崎 貴紘 氏
PwCアドバイザリー事業再生部門、YCP Solidianceシンガポールオフィス代表パートナー等を経て現職。早稲田大学法学部卒業後、PwCの日本オフィスで幅広くコンサルティングプロジェクトを経験。専門テーマは脱炭素、農林水産業・食品関連、新規事業創出、海外進出支援など。YCP Solidianceシンガポールではコンサルティングとプリンシパル・インベストメントを行うオフィスの代表として、主に日本企業の海外進出や現地ビジネスの拡大に取り込んだ。2022年に株式会社フェイガーを設立後は、代表として日本及びアジアの脱炭素社会の推進に力を注ぐ。
1-Jan-17-2023-05-50-19-4336-AM
インキュベイトファンド アソシエイト
2019年に株式会社野村総合研究所へ参画。
サステナビリティ事業コンサルティング部にて、経営コンサルティング業務に従事。カーボンニュートラル、サーキュラーエコノミー分野にて、主に新規事業立案や業務改革支援に従事。2022年にインキュベイトファンドへ参画。アソシエイトとして新規投資先の発掘、投資先企業のバリューアップ業務等を担当。
慶應義塾大学 法学部卒
イベント名
Hello, ESG ~2030年までにCO2半減なるか?カーボンニュートラル活動を牽引するリーダーからみた実態~
参加費:無料
イベントに参加

イベントお申し込み

EVENT

シリーズに合わせた資本と人材の両面から
成長速度を最大化する支援インフラを提供します

スタートアップ転職検討中の方へインキュベイトファンドに
キャリア相談する
View More

資本

人材

Flagship Fund

Blue Field
Program

新設投資機会の
Proactiveな創出

人材供給 for Startups.inc

Meet up

リアルイベント

IFLP

Circuit Meeting

GPの多様性を活かした
投資機会のカバレッジ

CxO Recruiting

チーム組織支援

人材供給

Meet up

リアルイベント

Incubate Camp

Pitch Day

VC間での協業実績と連携を活かした
資金調達支援

HR Support

エージェント連携と
独自プールを活かした人材採用支援

人材供給

Talent Network

オンラインDB